スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発中のAndroidアプリを実機デバッグする方法

Androidの実機デバッグは、iPhoneに比べてかなり簡単に行うことができる。
Windows XP+eclipse環境での手順は以下のとおり。

①実機の設定を行う

設定する項目は2箇所。
まず、設定>アプリケーション を開き、「不明な提供元」のチェックを入れる。
unknown_dev.jpg

次に、設定>アプリケーション>開発 を開き、「USBデバッグ」にチェックを入れる。
usb-debug.jpg

※機種やOSバージョンによって設定方法が異なる可能性がある

②実機をPCに接続する

Android端末とPCをUSB接続する。

③USB接続用のドライバをインストール

初期状態では、PCに接続したAndroid端末を認識できないので、ドライバをインストールする。
Windowsの場合、USB接続時にドライバの場所を要求されるので、SDKのインストール場所に入っているドライバを選択する。私の環境では、以下の場所だった。
→C:\Program Files\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver

ちなみに、私が使用している HTC EVO WiMAX は既にUSBテザリングのドライバをインストールしていたので、この工程は不要だった。

usb-driver.jpg

ドライバが見つからない場合は、インストールされていない可能性があるので、その場合はSDK Managerで再インストールする。

④プロジェクトの設定

プロジェクト内のAndroidManifest.xmlファイルをeclipse上でダブルクリックして、アプリケーションタブのDebuggableという項目をYesに設定する。
Debuggable.jpg

以上で設定は完了。後は、Eclipseから実行し、エミュレータの代わりに実機を選択すれば動作する。

■参考サイト
http://darkroid.net/archives/590
スポンサーサイト
Androidアプリ紹介
リリース中のアプリはまだありません。
iPhoneアプリ紹介
タイピング革命
フリック入力はタイピング革命で練習しよう!ネットランキングがウリのタイピングアプリ

icon-l-typing.jpg

初心者も安心のトレーニングモード搭載!リプレイ機能でオンラインランキング上の達人のプレイを見てみよう!



簡単3Dカメラ
iPhoneで手軽に3D写真を楽しもう!平行法/交差法/アナグリフ/グラグラ3Dに対応。
icon-l-3d.jpg

2枚の写真を撮影するだけで、裸眼で立体視できる3D写真が作成できます。平行法、交差法、アナグリフ、グラグラ3Dと多彩なモードを搭載。85円でこの機能を体感できるのは簡単3Dカメラだけ!

プロフィール

あらきんぐ★

Author:あらきんぐ★
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
80位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。